まずカオサンロードからパタヤ行きのバスが出ているバスターミナルまで行く必要がある。

メインのバスターミナルは3カ所あり、北バスターミナル(モーチット)・東バスターミナル(エカマイ)・南バスターミナル(サーイターイ)とそれぞれ分かれている。
このうち南は市街地からかなり離れているため、北と東のバスターミナルのどちらかにいくとよいだろう。

ちなみに筆者は東バスターミナルであるエカマイに行くことをお勧めする。パタヤまで若干早く着くことと、市バスの本数が多いためだ。

エカマイまではカオサンの近くのメイン通りから、市バスの2番の乗って行くことが可能。(30円程度)
ただ車内はクーラーはなく熱い。またゆっくりと進むため10㎞先のエカマイまで1時間ほどかかることが難点だ。
タクシーを使えば150バーツ30分ほどで行くことが可能なため、そちらを利用するのもよい。

途中までタクシーでそこから電車という方法もあるが、めんどくさい方法なので割愛します。

ちなみにモーチットまではカオサンから約7㎞ほどで、バスは市バスの3番にのれば行くことができるのだが、あまり走っていないため根気よく待つ必要がある。
タクシーだと100バーツ前後とのこと。

どちらもバスターミナルでも1時間おき程度にパタヤまでのバスが発車している。値段はエカマイからが108バーツ、モーチットからが120バーツ前後だった気がする。
どちらのバスターミナルでも水や食べものが購入可能なため事前に準備しておく必要はない。

その後2時間半ほどでバスはパタヤのバスターミナルに到着。

そこからソンテウという相乗りバスの客引きに声をかければ、一緒に乗っていた他のツーリストたちと目的の市街地まで送ってくれる。価格は場所によって10~40バーツ前後。

以上がカオサンロードからパタヤまでの行き方だ。バスターミナルまで行ってしまえば簡単なので、めんどくさい方はそこまでタクシーを利用すればいいだろう。間違いなくそちらのほうが快適である。