今から3年前の2014年3月。
初めてバックパッカーというものを体験した。

2014年3月

カメラマンの友人との二人旅。
場所はカンボジア・シェムリアップ。

そのときに撮影した映像。

ものみゆトラベルの映像 ある日のカンボジア

タイトルは「One Day in Cambodia」
カンボジアにやってきたバックパッカー(筆者)の、とある1日を撮影している。

カンボジア・シェムリアップの動画

朝。
映像は宿泊したゲストハウスからはじまる。

カンボジア・シェムリアップの動画

細い市場の道を、お構いなしに走り去るバイク。
シェムリアップの市場は朝から活気に満ちていた。

田舎の喧騒というものはパワフルで、なぜか心地良く魅力的である。

日差しがまぶしい。
今日は、いや今日も天気が良さそうだ。
トゥクトゥクに乗って1日動き回ることに決めた。

昼食を終え、最初に訪れたのは東南アジア最大の湖として知られるトレンサップ湖。

カンボジア・シェムリアップの動画

船がどこか古めかしく、それでいてエキゾチック。
湖に向かって小便を引っ掛ける少年や、その湖で水浴びをする少女たち。

カンボジアという国はアンバランスさという魅力にあふれているようであった。

カンボジア・シェムリアップの動画

少し歩く。一面の蓮畑が広がっていた。
そこでかわいいカンボジアの少女と出会い、そして手を振って別れた。

ガタガタと揺れるトゥクトゥク。
お世辞にも乗り心地を褒める気にはなれないが、これもまた魅力のひとつ。
巻き上がる粉塵のシャワーを浴びながらアンコール遺跡群へ。

カンボジア・シェムリアップの動画

カンボジア・シェムリアップのメインといえばこの遺跡群ではないだろうか。

夕刻の訪れが間近に迫ってきたにも関わらず、歩き回っていると汗ばんできた。
それほどに3月のカンボジアは暑く、アンコール遺跡群は歩くスピードを緩められない魅力に満ちていた。

カンボジア・シェムリアップの動画

ようやく日が落ちた。アンコール遺跡のシルエットは妖艶で美しい。

まだ止む気配のないバイクやトゥクトゥク・車のBGMを聞きながら、安宿街に戻ってきた。

カンボジア・シェムリアップの動画

ナイトマーケットが開く。
ネオンのきらめきが暗闇を照らしている。
派手さはさほどなく、居心地がいい。

中に入って行く。
商売人と旅人の知恵比べ・チキンレースによる価格交渉があちこちで始まっていた。

こうしてカンボジアの1日は最後まで活気に満ちて終わっていった。

  • 場所 / カンボジア・シェムリアップ
  • 気候 / 3月・乾期
  • 撮影 / 榎本会希
  • 構成・編集 / 本間義人
  • 企画 / 物見遊旅・ものみゆトラベル
  • スペシャルサンクス / カンボジアの方々・旅先で知り合った方々