今から紹介するのは、複数のカードを駆使し、場面場面で使い分けよう…などと言った玄人の考える細かいテクニックでは決してない。

せっかくの海外旅行。めんどくさいのは困るが、出来るだけ無駄な手数料は取られたくない。
そこで簡単に現地通貨に両替出来る方法を、実際に海外を旅した経験を元に書いてみようと思う。

現地通貨を手に入れる具体的な方法!(手数料が高い順) ※右の数字は10万円をイギリスポンドに両替した時のおおよその手数料。

  • 1. トラベラーズチェックの利用。(日本国内2014年3月をもって販売終了)
  • 2. 日本国内での両替。(手数料,約5000円)
  • 3. 現金を持っていき旅行先での両替。(手数料,約5000円)
  • 4. 海外プリペイドカードでの引き出し。(手数料,約4000円)
  • 5. 国際キャッシュカードでの引き出し。(手数料,約4000円)
  • 6. クレジットカードでのキャッシング。(手数料,約2000円〜)
  • 7. クレジットカードで直接購入。(手数料,約1600円)
  • 8. FX会社を利用しての両替。(手数料,約400円)

主に上記の方法で現地通貨を手に入れることができる。
結論から言うとクレジットカードのキャッシング&海外専用プリペイドカードの利用が、一番安全かつ楽なため優れている。

順をおってそれぞれのメリット・デメリットもまとめてみたので参考にしてほしい。

1. トラベラーズチェックの利用。

一昔前まで海外に長期滞在するなら、トラベラーズチェックと言われていた。
しかし今では国内での販売もなくなり、すっかり陰りをみせている。

これから海外に行く人は使うことは決してないのでここでの詳しい説明は省かせて頂く。どうしても詳しく知りたい方はググってみるといいだろう。実際のところおトクでもなんでもない。

2. 日本国内での両替。

一番レートのいい米ドルでも1ドルあたり3円前後(1ドル120円の為替な場合、123円で両替)の手数料がかかってくる。

マイナーになればなるほど、どんどん手数料は悪くなっていくため、あまりオススメできない。 ドル圏やユーロ圏の国に数日程度の旅行の際には利用してもいいかもしれない。

またサイトによっては、銀行などより大黒屋のほうがレートがよいなどと書かれているが、微々たる差などでわざわざ足を運ぶほどでもない。

3. 現金を持っていき旅行先での両替。

そもそも海外に多額の現金を持っていくこと自体がかなり危険である。「落としたサイフが持ち主に届く」など、他の国ではあり得ないこと。
残念なことにスリにあってしまった旅行者の話はよく耳にする。またレートも国内同様良くない。

カードが使えないときの保険的な意味合いでドルを少量持っていこう。長い旅でも多くて6〜8万円、短い旅行なら3万円程度までが目安だろう。

4. 海外プリペイドカードでの引き出し。

海外で利用出来るカードで、クレジットカードとの大きな違いは使った分がその場で口座から引き出される点だろう。
10万円しか口座にいれていなければそれ以上引き出すことはできないということだ。

クレジットカードよりも利用の際の手数料は高いが、年会費もかからず、開設も簡単な為サブカードとして1枚持っていくと便利。
もしものときには重宝するだろう。

筆者がオススメする海外プリペイドカードは年会費無料で使えるNEO MONEYかマネパカードだ。

5. 国際キャッシュカードでの引き出し。

海外プリペイドカードと基本的には同じような仕組みで使った分がすぐに口座から引き出される。

「これで使いすぎることがなくて便利!」とうたっているサイトが多いが、海外旅行に行くような人はある程度のお金の管理はきちんと出来る人ばかりだろう。

またクレジットカードと比べると手数料が高かったり、ネットの口座を開設する必要があったりと準備や管理の面倒が多い。
サブカードとしてならいいかもしれないが、個人的にはあまりオススメはしないため特にリンクも貼らないでおこうと思う。

6. クレジットカードでのキャッシング。

現地で現金を手に入れる方法としてもっともおすすめする方法だ。

キャッシングは簡単にいうと借金だが、クレジットカードの場合、次の月には自動的に口座から引き出されることで返済され、その1月分の利息が手数料になる。

筆者が実際に使用しているカードなどについては別途、まとめてみた。長くなるが実際に海外に行かれる方は参考にしていただければと思う。

賢い世界一周のお金事情!クレジットカード?キャッシュカード?プリペイドカード?

2017.10.17

ちなみに筆者が実際に世界一周に持っていくクレジットカードはどちらも年会費無料な、楽天カードYahoo! JAPANカードだ。

7. クレジットカードで直接購入。

先進国などの国ではこの方法が一番お得だが、筆者が利用するようなゲストハウスや町の小さな屋台ではもちろんクレジットカードが利用できるわけがない。

ただ航空券の取得や宿をagodaで予約する場合にはできるだけこのクレジット払いを利用し、手数料を節約している。

8. FX会社を利用しての両替。

全ての考えうる方法をのせるべきだと思ったため記載したが、無視してくれて構わない。
裏技的な方法で、面倒以外のなにものでもない。どうしても興味がある人は調べてみてもいいが、利用することは絶対にないと断言出来る。

まとめ

こうやって調べてみると意外と沢山の方法があることがわかる。

数日程度の旅行なら日本や現地での両替、それ以上の方はクレジットカードや海外プリペイドカードを利用することが便利だろう。
筆者が具体的に世界一周の際にもっていくカードや限度額設定などは別のページにまとめているので、そちらも参考にしていただければ幸いだ。

賢い世界一周のお金事情!クレジットカード?キャッシュカード?プリペイドカード?

2017.10.17