カリブ海の沿岸、メキシコの南側に位置するベリーズ。
綺麗な海、そして美しいサンゴ礁に囲まれたベリーズは「カリブ海の宝石」と呼ばれています。中でも「旅人たちの最後の楽園」と称されるキーカーカー島は特におすすめスポットのひとつです。のんびりとした島の光景や数々のマリンアクティビティ、世界遺産のサンゴ礁にあるブルーホールなど、見どころも盛りだくさん。
今回はそんなベリーズの楽園、キーカーカー島にスポットを当ててみました。

Caye Caulker
魅惑のアイランド、キーカーカー

のんびりした空気のアイランド

Slow Time
車が1台もない島
ベリーズ キーカーカー島

キーカーカー島は徒歩でおよそ1時間も歩けば島の端から端へ到達するほど小さな島です。このため、主な移動手段は徒歩と自転車となり、「車が1台もない島」としても知られています。
もっとも、実は車は走っているのですが、その車とはゴルフのコースを回るときに使うゴルフカートのみ。メインストリートではファミリー経営のホテルやお店が立ち並び、道ゆく人に気軽に話しかける、そんな雰囲気に満ちあふれています。

ベリーズシティからのアクセス方法

How to Go
フェリーで30分ほど
ベリーズ キーカーカー島

キーカーカー島へのアクセスは、かつてのベリーズの首都であり現在も最大規模の都市、ベリーズシティからフェリーを利用して島へと向かいます。
フェリー会社は「Belize Express Water taxi」と「CAYE CAULKER Water Taxi」の二つの会社があり、「Belize Express Water taxi」は往復50ベリーズドル(ベリーズシティで頻繁に配っているクーポンを手に入れると27ベリーズドル)、「CAYE CAULKER Water Taxi」では往復29ベリーズドルになります。
フェリーの発着時間は会社によって異なりますが、おおむね朝の7時前後から最終便は夕方17時ごろ、というところが多いです。ベリーズシティからはフェリーに乗り30~45分ほどでキーカーカー島に到着します。

ベリーズ キーカーカー島

野生のサメやマナティと泳げる

Hall Chan
ホール・チャン海洋保護区

カリブ海に面しているキーカーカー島周辺では、野生のサメやマナティと泳げるマリンアクティビティが人気です。 特に島の北側7kmほどの場所にあるホール・チャン海洋保護区ではジンベエザメ科のナースシャークやエイの一種のシノノメサカタザメといっしょに泳ぐことが可能です。ナースシャークは大きい個体で約3m前後にも成長するためその迫力は満点。
もちろん、これらのサメやエイはおとなしい性質で人を襲うことはまずありませんので安心です。

ベリーズ キーカーカー島 ベリーズ キーカーカー島

さらに、ホール・チャン海洋保護区では海洋哺乳動物のアメリカマナティーに運がよければ出会うことも。
マナティーのシーズンは主に夏となるため、一年中いつでも見ることができる訳ではないのですが、“人魚”と称されるマナティーと海の中でいっしょに泳ぐ経験はきっとかけがえのない思い出を演出してくれることでしょう。
なお、キーカーカー島沖合の海で泳ぐ際には各旅行会社が催すツアーに参加するようにしましょう。 比較的安全度が高い海域とは言え、やはり大自然の中でのアクティビティになるため不測の事態に備えられるようにしておくことが大切です。

美しいブルーホール

Blue Hole
サンゴ礁の中にある「青い穴」

ブルーホールとは、世界遺産に指定されているベリーズ珊瑚礁保護区の中にある、“青い穴”です。
具体的には、かつて洞窟や鍾乳洞だった場所が海面の上昇によって水没し、浅瀬の中に穴が空いて光の屈折により青く見えるポイントを指します。 ベリーズのブルーホールは直径が約313m、穴の深さが約130mと非常に大きく、上空から見るとまるで海の中に大きな穴が空いているように見えるのが特徴です。

ブルーホールへのアクセス方法

ブルーホールはベリーズの東側、およそ80kmほど離れた場所にあるライトハウスリーフに位置しています。行き方はキーカーカー島からセスナ機に乗り、10分ほどで到着します。
セスナ機の利用料金は人数によって異なりますが、おおむね170~200ドル程度が相場価格となっています。セスナを利用する際には1人よりも複数人のグループで予約した方が料金が安くなるためおすすめです。

ベリーズの人たちからは「海の怪物の寝床」と呼ばれるブルーホールは上空から眺めるもよし、実際にセスナ機でライトハウスリーフのサンゴ礁に降りて現地で泳ぐもよし、と楽しみ方はさまざま。ブルーホールでのマリンアクティビティはほかのどの海でも見ることができない経験ができること請け合いです。

ベリーズ キーカーカー島

地球の大きさを感じる国「ベリーズ」

「ベリーズ・キーカーカー島の楽しみ方&各種アクセスについて」をご紹介しました。
キーカーカー島は開発が進んだ観光地のような至れり尽くせりの利便性には欠けるものの、海の美しさに惹かれる人にとってはまさに楽園と呼べる場所のひとつです。マリンアクティテビティを存分に楽しみたいときには、ぜひ、ベリーズ・キーカーカー島を旅行のご予定に加えてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

世界一周経験者を中心に運営する、海外を中心とした旅行情報メディアです。 また、YOUTUBEチャンネルも運営しています。