日本国内の観光地では東京や大阪、名古屋など都市部の観光も人気ですが、日本には “美しさに思わず息をのんでしまうような世界”がまだまだたくさん広がっています。
今回は地域ごと、そして季節によって異なる顔を見せてくれる日本の「自然が作り出した世界を楽しめるアクティビティ・スポット」を3選、まとめてみました。

Nature Activities

1.立山室堂平「雪の大谷ウォーク」(富山・長野)

Snow Wall
聳え立つ雪の谷をゆく
立山室堂平「雪の大谷ウォーク」

立山室堂平「雪の大谷ウォーク」は、富山県と長野県にまたがる立山黒部アルペンルートにそびえたつ雪の大谷です。 世界でも有数の豪雪地帯である立山室の堂平エリアにある「大谷」は、地形が吹きだまり(風に吹かれた雪や落ち葉が集まりやすい場所)になっているため、特に積雪量が多いことで知られています。

밍이さん(@angel_ming0628)がシェアした投稿

雪の大谷ウォークは堂平エリアに積もった高さ約20mもの積雪をブルドーザーで切り崩して道を作り、GPSで位置を確認しながらおよそ1か月間かけて掘り進んでいきます。 道路の雪を除雪することで作られた大谷ウォークはまさに「雪の大壁」。
世界でも珍しい高さ約20mの雪の壁を目の前にすれば、その迫力に圧倒されること間違いなしです。

  • 季節 / 4月上旬から6月下旬(気温の変化によって異なります)
  • 料金 / 無料(期間中に開催されているイベントに参加する場合には料金がかかることもあります)
  • アクセス / 富山県側から行く場合は立山駅から立山ケーブルカーに乗り、立山高原バスで室堂平へ。長野県側から行く場合は扇沢から関電トンネルのトロリーバスに乗り、黒部ケーブルカーに乗り換え。さらに立山ロープウェイに乗り、立山トンネルトロリーバスで室堂平へ。

2.沖永良部島の銀水洞 ケイビング(鹿児島)

Caving
童心が蘇る大冒険
沖永良部島の銀水洞 ケイビング

鹿児島県の奄美大島と沖縄県のあいだに浮かぶ沖永良部島。沖永良部島はサンゴ礁が隆起してできた島であり、島の内部には判明しているだけでもおよそ300前後の洞窟があると言われています。 中でも、沖永良部島の銀水洞は洞窟探検のケイビングのスポットとして高い人気を博しており、多くの観光客が訪れています。

沖永良部島の銀水洞 ケイビング

ケイビングとは、一言で言えば洞窟内を実際に歩いて探検するアクティビティのひとつで、徒歩を基本として時には水の中に浸かって歩くこともあります。 銀水洞は沖永良部島の洞窟の中でももっとも険しい洞窟とされ、全長3㎞以上の道のりを約5~6時間程度かけて進みます。

沖永良部島の銀水洞 ケイビング

洞窟内は石筍や石柱がまるでカーテンのように一面に広がるポイントや、地底とは思えない巨大な空間が顔を現わすなど、ハラハラドキドキの連続。 中でも絶景スポットになっている「リムストーンプール」は鍾乳石にかこまれた水に光が当たり、まるで「地底の中に埋め込まれた宝石」と表現されるほど。 長い年月をかけて作られた銀水洞のケイビング、地底の神秘を体験したい方にオススメのアクティビティです。

  • 季節 / 一年中(渇水時期にはツアーが組めないこともあります)
  • 料金 / 無料(初心者の方は入場できるエリアが制限されます)。ガイドつきの場合1人あたり50,000円~(ツアーによってガイド料が異なります)
  • アクセス / 沖永良部空港から車で約30分ほど。
  • ホームページ / 沖永良部島ケイビング協会

3.御蔵島(みくらしま) イルカと泳ぐ(東京都・伊豆諸島)

With Dolphin
主人公になれる海へ
御蔵島(みくらしま) イルカ

御蔵島は東京都心から南に約190㎞のところにある島です。 周辺の海域はバンドウイルカが生息しており、毎年4月から11月までのあいだ、イルカとともに海を泳ぐ「イルカと泳ぐツアー」が催され、人気を博しています。 透明度が高い御蔵島の海をイルカといっしょに泳ぐドルフィンスイムは「まるでアニメや映画の主人公になった気分」「ぜったいにもう1度来たい」と大評判。

御蔵島(みくらしま) イルカ

泳げない方は船の上からイルカを間近で眺めるツアーもあります。現在は、ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークなどの休みの期間を利用して訪れる親子連れが多く、「子供に一生の思い出を作ってあげたい」という親御さんから好評を得ています。

  • 季節 / 4月〜11月
  • 料金 / ドルフィンスイムは1人あたり約50,000円~(ツアーによって料金が異なります)。イルカを眺める乗船ツアーは1人あたり船賃7,000円~
  • アクセス / 東京都の竹芝桟橋(JR浜松町駅から徒歩10分)から船で出発し、6時間30ほど。

アクティビティ体験で大自然と一体化してみましょう

日本国内で行ける人気の大自然アクティビティを3つ、ご紹介しました。 大自然の中で行うアクティビティは、子どものときに誰もが感じた「冒険心」をかきたててくれます。
スポットによっては子ども連れでもOKの場所もありますので、ご家族連れの方はもちろん、カップルやお1人様まで、ぜひ、「新しい世界」に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

世界一周経験者を中心に運営する、海外を中心とした旅行情報メディアです。 また、YOUTUBEチャンネルも運営しています。