「お風呂とカフェをいっしょに楽しみたい」

そんな人たちの要望に応えてくれる話題の「おふろカフェ」。みなさんはもうご利用になられましたでしょうか?
お風呂施設はもちろんのこと、カフェや宿泊スペースなどもりだくさんの機能と楽しみ方を備えているんです。 今回はデートや女性同士の気軽な小旅行に最適におふろカフェを5つ、ご紹介しちゃいます。

Ohuro Cafe
ゆったりのんびりの小旅行に

1.おふろcafe utatane(埼玉県さいたま市)

cafe utatane
一日過ごすことができる充実の施設

おふろcafe utataneは埼玉県さいたま市北区にあります。館内は1階が男湯、2階が女湯に分かれており、大浴場はとっても広々。
嬉しいことに女湯には泥パックが常備され、なんと!泥パックをしたままお湯につかることができちゃうんです!すごいですよね。

おふろcafe utatane おふろcafe utatane

さらに露天風呂は埼玉県神川町の温泉「白寿の湯」から運ばれたお湯を使用。ナトリウム成分を豊富に含み保湿効果が高く、疲労回復および冷え性改善を期待できるとのこと。
ほかにもリラックススペースにはカフェを始めとしてゆっくりくつろげるロフトスペースやラウンジ、宿泊が可能な個室まで、至れり尽くせり。 カフェでは焼きカレー(900円)や2人でシェアできるたっぷりサイズのうたたねジャープリン(580円)も提供。1日中居ても飽きないのが特徴となっています。

おふろcafe utatane
    [おふろcafé utatane]
  • 住所:埼玉県さいたま市北区大成町4-179-3
  • tel:048-856-9899
  • 営業時間:入館・入浴/10:00~翌9:00
  • 料金:大人1人1,260円
  • 定休日:不定休
  • 最寄駅:鉄道博物館駅から徒歩10分、大宮駅(無料のシャトルバスを運行)

2.おふろcafé bivouac(埼玉県熊谷市)

café bivouac
アウトドア特化型お風呂カフェ

おふろcafe bivouac(ビバーク)は埼玉県熊谷市久保島にオープンしたおふろカフェです。 テーマは「おふろ」「カフェ」そして「グランピング」です。

おふろcafe bivouac おふろcafe bivouac

グランピングとは最近流行りの豪華版キャンプのことで、テントやテント内部の居住空間を超贅沢に楽しもう!というのがコンセプトとなっています。 館内は1階がお風呂を中心にロッククライミングができるボルダリングスペースやハンモック&テントスペースがあり、実際のグランピングさながらのキャンプ体験ができる仕様が特徴です。

おふろcafe bivouac

2階には野趣あふれる肉料理が楽しめるレストランやリラックススペースが完備され、グルメも満載の嬉しい空間が演出されています。

    [おふろcafé bivouac]
  • 住所:埼玉県熊谷市久保島939
  • tel:048-533-2614
  • 営業時間:入館・入浴/10:00~翌9:00
  • 料金:大人1人1,360円(フリータイムコース)、580円(銭湯コース)
  • 定休日:なし
  • 最寄駅:籠原駅から徒歩20分、(車)関越自動車道東松山ICから約25分、花園ICから約20分

3.四日市温泉 おふろcafé 湯守座(三重県四日市市)

café yumoriza
異空間が生み出す現代の芝居小屋

三重県四日市にオープンした四日市温泉 おふろ cafe 湯守座。かつては天然温泉ユラックスとして営業していましたが、2017年11月に全面リニューアル。コンセプトは「現代の芝居小屋×おふろ×cafe」。

おふろcafe 湯守座

その名の通り、2階の宴会スペースには劇場を完備。昭和から脈々と続く大衆演劇を観ることができちゃうんです。演目は月替わりのため、いつ来ても楽しい演劇を観られるのが人気の秘密。

また、充実のお風呂施設を始め、マンガ喫茶顔負けのスペースをほこる宙(そら)ラウンジではゆったりくつろぎながら漫画を読むこともできます。 そのほか、宿泊スペースや仮眠スペース、レストランも充実しており、開店以来多くの人たちが湯守座を愛用しています。

    [おふろcafé bivouac]
  • 住所:三重県四日市市生桑町311
  • tel:059-332-2611
  • 営業時間:入館・入浴/10:00~翌9:00
  • 料金:大人1人1,380円(フリータイムコース)、480円(朝風呂コース)
  • 定休日:なし
  • 最寄駅:(車)近鉄四日市駅から約15分、東名阪四日市ICから約15分、東名阪四日市東ICから約15分

4.おふろcafé 白寿の湯(埼玉県児玉郡)

café hakujyunoyu
温泉の魅力どっぷり

四番目にご紹介するのは埼玉県児玉郡神川町にあるおふろcafé 白寿の湯です。 最初の項でご紹介したおふろカフェutataneの源泉があります。 ナトリウム塩化物泉の泉質の高さが評判を呼び、現在では連日、多くの人たちでにぎわっています。

おふろcafe 白寿の湯

名物は大浴場の「千枚田」。 温泉の成分によって床がまるで千枚田のように形成されたことから名づけられました。 関東でも有数の良泉とされており、皮膚病や各種婦人病、慢性的な便秘などに効能があるとのこと。 また、館内では地元神川町の名産の野菜やお米なども販売。 温泉に入ったあとはヘルシーフーズのショッピングも楽しめる設備となっています。

    [おふろcafé 白寿の湯]
  • 住所:埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1
  • tel:0274-52-3771
  • 営業時間:入館・入浴/10:00~23:00
  • 料金:大人1人750円(平日)、850円(土日祝)
  • 定休日:なし
  • 最寄駅:本庄駅または丹荘駅から神泉総合支所行きのバスに乗り「下渡瀬」で下車、(車)関越自動車道本庄児玉ICから約25分

4.RAKU SPA Cafe浜松(静岡県浜松市)

Cafe Hamamatsu
ゆーるいくつろぎ空間はこちら

RAKU SPA Cafe浜松は静岡県浜松市に2016年8月に誕生しました。 もともとは、日本でも有数のスーパー銭湯チェーンとして知られる極楽湯の1店舗だったのですが、生まれ変わったことでより「くつろぎ」に特化した施設となっています。
具体的にはごろ寝をしながら漫画を読める「ゆるゆる空間」や、岩盤浴設備を備えた浴場、さらに6種類のコーヒーが無料でもらえるコーナーに加え、野菜食べ放題のヴュッフェ「ベジテリア」など、女性に嬉しい配慮がなされています。

RAKU SPA Cafe浜松 RAKU SPA Cafe浜松
    [RAKU SPA Cafe浜松]
  • 住所:静岡県浜松市南区若林町1680-5
  • tel:053-445-4919
  • 営業時間:入館・入浴/7:00~翌1:00
  • 料金:大人1人1,190円
  • 定休日:なし
  • 最寄駅:浜松駅北口にあるバスターミナルの4番「馬郡・高塚」方面に乗り、「西若林」バス停で降りて徒歩で約8分

おふろカフェでゆったりリラックス&リフレッシュ

話題の「おふろカフェ」人気の5選をお送りしました。 おふろカフェは銭湯やスパ施設+漫画喫茶、さらにリラックスルームなど幅広い利用方法が楽しめるのが特徴です。
「ちょっと一人きりになりたい」 そんな“小旅行気分”のときにもオススメですよ。 ぜひ、今度のお休みや平日のお疲れモードのときにご利用されてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

世界一周経験者を中心に運営する、海外を中心とした旅行情報メディアです。 また、YOUTUBEチャンネルも運営しています。