美しく透き通った海、異国情緒あふれる市場、神秘的なパワースポットなど、数多くの観光スポットが存在する人気のバリ島。
ビーチはもちろんのこと、歴史のある寺院や情熱的な民族舞踊も魅力的なバリ島ですが、今回はそんなインドネシアのバリ島のおすすめ観光地を8か所、ご紹介します。

Recommend Spot in Bali

1.ウブド市場

Pasar Ubud
バリの日常からお土産やさんまで

ウブド市場はバリ島の高地に位置する市場であり、伝統舞踊や工芸のさかんなエリアです。 地元の人たちを始めとして日本人や世界中の観光客が訪れるウブドのメイン地区となっています。 場所はウブド王宮の対面にあり、朝から夜まで市場は多くの人たちの活気でにぎわっています。

ウブド市場

朝と昼、夜でそれぞれ表情が変わる「ウブド市場」

インドネシアの人たちはとても早起きです。 ウブド市場も朝5時になればもう地元の人たちでいっぱい。 朝市では新鮮なフルーツや色とりどりの野菜などがたくさん店先に並びます。

ウブド市場

また、市場の中ではナシチャンプルなど、インドネシア料理を手ごろな値段で食べられる屋台もあります。 そして、朝市は朝9時ごろになればすでに終わり、昼、夜になるとまた市場の表情が変わります。 昼すぎからは観光客を相手にしたお土産屋さんの呼び込みが始まり、売り子さんの元気な声は夜まで市場の中にひびきます。 さらに夕方をすぎ、夜になると今度はカフェで食事を取る人が集まり、ウブドの夜はにぎやかにふけていきます。

2.ウブド王宮

Ubud Palace
世界遺産にも登録されたヒンドゥー教の聖地

ウブド王宮はウブド地区のランドマーク的存在。市場に対面する形で建てられた王宮は正式名称を「プリ・サレン・アグン」と呼びます。
ウブド王宮は18世紀、当時のバリ島の支配王朝であるゲルゲル王朝が崩壊したことにより生まれました。 9つの小さな国に分かれたバリ島で、ギャニャール王国の傍系国家として誕生したのがイダ・チョコルド・グデ・スカワティを王子にしたウブド王国です。 その後、チョコルド王家はオランダの植民地政府の重職を担いながら、西洋の絵画や芸術など、ウブドに暮らす外国人アーティストの支援を行いました。 このような歴史的背景がウブドの文化的基盤を作ったのです。

ウブド王宮

伝統舞踊

ウブド王宮の中では日替わりでダンスパフォーマンスが開催されています。 演目はバリ島に伝わる伝統舞踊をベースにした踊りが中心で、開演時間は毎日19:30から21:00までとなっています。 バリ島と言えばディスコのような若者向けのクラブ文化もさかんなエリアですが、その一方でウブド王宮では古来から伝わる踊りを忠実に守っています。 場所は王宮の中にある野外ステージで開催されていますので、訪れた折にはぜひ、情熱的な伝統舞踊をご覧になってみてはいかがでしょうか。

ウブド王宮

3.タナロット寺院

Pura Luhur Tanah Lot
海上に浮かぶ美しい寺院

タナロット寺院はバリ島の中部にあるタバナン県に位置するヒンドゥー教の寺院です。海沿いにあり、お寺の建物は海の中に浮かぶ岩の上に建てられています。
お寺の内部には観光客は入れませんが、建物がある岩場までなら入ることが可能です。建立は16世紀と言われ、当時のジャワの高僧、ニラルタがこの場所に訪れた際、海に浮かぶ岩の美しさに感銘を受け、村人たちにお寺を建てることを薦めたのが成り立ちとされています。

タナロット寺院 タナロット寺院

聖水がわく泉

ゴア・ガシャの洞窟の中は左右に13mほどの道が延びており、シンプルな構造となっています。 洞窟内には入り口から左端、右端それぞれに祭壇が設置され、左の祭壇にはガネーシャ像(破壊神シヴァの子どもで知恵の神様)、右の祭壇にはヒンドゥー教の「リンガ」と「ヨニ」の石像が置かれています。 リンガは男性自身のシンボル、ヨニは女性器を表しており、世の中に存在する「男性と女性」「天と地」「陰と陽」などの事柄を表現しているとされているそうです。

タナロット寺院

4.ランプヤン寺院

Pura Lempuyang
インスタ映えする鏡張りの門

ランプヤン寺院はバリ島のカランアッサム県に位置しており、地図で見ると島の北東部、ランプヤン山にあるヒンドゥー教のお寺です。
バリ島にはヒンドゥー教の有名なお寺が全部で9つありますが、ランプヤン寺院はそれら9つのお寺の中でも位の高いお寺とされています。 ランプヤンとはサンスクリット語でランプ(光)とヒャン(神様の)という言葉から成り立ち、「神様の光」という意味があります。

パナタラン・アグン寺院

ランプヤン寺院は全部で8つのお寺から構成されており、それぞれがランプヤン山の別々の場所に位置しています。 中でも、山のふもとにあるパナタラン・アグン寺院はその景色の美しさから「天空の寺院」と呼ばれ、お寺から臨む景色はまさに絶景のひとこと。 本殿やお寺の美しい建造物と合わせ、バリ島の寺院の中でも屈指のスケールと美しさを誇るパワースポットのひとつです。

5.ウルワツ寺院

Pura Luhur Uluwatu
夕暮れを眺める断崖絶壁の地へ

ウルワツ寺院はバリ島の南側にあるバドゥン半島の断崖の上にあるヒンドゥー教のお寺です。
切り立った崖の上にお寺があるのが特徴であり、インド洋を一望できるロケーションと夕暮れの美しさから多くの観光客が寺院を訪れています。

ウルワツ寺院

ケチャダンス

ウルワツ寺院では毎日18:00~21:00までのあいだ、伝統舞踊のケチャダンスを踊る儀式が執り行われています。 ケチャダンスはレゴンダンス、バロンダンスと並ぶバリ島の三大舞踊のひとつであり、日本でも比較的よく知られた舞踊です。
ウルワツ寺院のケチャダンスを見るためにはまず寺院の入場料2万ルピア(=約160円/大人1人)を支払い、その後ダンスの鑑賞チケット料金の7万ルピア(=約550円/大人1人)を払う必要があります。 夕暮れ時に始まるウルワツ寺院のケチャダンスは独特の掛け声とともに徐々にボルテージが上がっていく情熱的な舞踊で、観た人は思わず息をのむほどの迫力があります。

ウルワツ寺院

6.キンタマーニ高原

Kintamani Plateau
インパクトのある名前と美しい自然

キンタマーニ高原はバリ島の観光スポットの中でも常にTOP3の人気をほこるエリアです。
日本人からすると非常にインパクトのある名前もあいまって、キンタマーニ高原には日本からも多くの観光客が訪れています。 高原はバリ島北部のバンリ県に位置しており、標高1717mのバトゥール山の高地にあります。

キンタマーニ高原

バトゥール湖

バトゥール湖はキンタマーニ高原にある湖です。
バトゥール山の火口原の南東部に位置しており、半月の形をしているのが特徴となっています。 高原から眺めるバトゥール湖の風景は澄み切った湖面に青い空が反射して美しく、訪れた人たちを魅了します。

また、湖の西岸にはトヤ・ブンカ温泉村があり、村営の温泉やホテルのジャグジー、スパを利用可能です。 トヤ・ブンカの温泉は日本の一般的な温泉ほど水温が高くないためどちらかと言うとプールのような印象ですが、温泉につかりながらバトゥール湖や高原を眺めるのも趣きがあり、人気のスポットのひとつです。

7.モンキー・フォレスト

Ubud Monkey Forest
かわいい猿の楽園へ

モンキー・フォレストはバリ島のウブド南部に位置しており、テガルパダン村の中にある自然保護区域の森です。 およそ12.5ヘクタールの森の中には約700匹もの猿が生息し、観光客は間近で猿を見ることができます。 また、モンキー・フォレストには14世紀半ばに建立されたヒンドゥー教の寺院が3つあり、神聖な場所として多くの参拝者が訪れるエリアでもあります。

モンキー・フォレスト モンキー・フォレスト

可愛らしいウブドの猿たち

モンキー・フォレストは入場料5万ルピア(=約410円/大人1人)、4万ルピア(=約330円/子ども1人)を支払うことで中に入ることができます。 森の中にいる猿たちは餌付けをされているため完全な野生の猿よりも多少は気性はおとなしいものの、やはりペットの猿とは異なりますので園内では「猿の目をじっと見ない」「猿にさわらない(特に子どもの猿にむやみにふれると母猿から思わぬ攻撃を受けるおそれがあります)」などの最低限のルールを守る必要があります。
ただし、ルールさえ守ればそこにいるのは可愛らしい猿たち。 猿が餌を食べる姿を眺めるもよし、親子の猿の仲睦まじい姿を見るのもよし、と、ほのぼのとした時間が広がるモンキー・フォレストは日本人だけではなく世界中から観光客が訪れる人気スポットとなっています。

8.レンボガン島

Nusa Lembongan
のんびりとアクティビティを楽しむ魅惑のアイランド

レンボガン島はバリ島の南東部、ペニダ島とのあいだに位置する小島です。
島の面積は約8㎢と小さく、人口はおよそ5千人程度。 アクセスはバリ島のサヌールからボートが発着しており、所要時間は1時間30分ほど。 島の海岸線に沿っていくつかの漁村が点在するほか、観光客が訪れるスポットとしても人気があります。

レンボガン島

人気のアクティビティで島内を探検

レンボガン島の中でも特に西部エリアにあるマッシュルーム・ベイには美しい白い砂のビーチが広がり、サーフィンやダイビング、シュノーケリングなどの各種のマリンスポーツをする人や観光客でにぎわっています。
また、島内には公共交通機関は存在していないものの、レンタサイクルやバイクレンタルがあるため、希望者はそれらの乗り物に乗ってレンボガン島を探検することもできます。

レンボガン島

奥深い歴史と大自然が広がるバリ

「バリ島で人気の観光スポット8選」をご紹介しました。
バリ島にはヒンドゥー教の寺院を始め、伝統的な建造物が数多く現存しています。 また、伝統舞踊やローカル色満載の市場、そしてすべてを包み込んでくれる大自然もあります。 一度と言わず、二度、三度でも訪れたいバリ島の観光スポット。 今回お伝えした場所はバリの楽しさをとことん堪能できるエリアばかりですので、ぜひ、旅行のご参考になさってみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

世界一周経験者を中心に運営する、海外を中心とした旅行情報メディアです。 また、YOUTUBEチャンネルも運営しています。