皆様、あけましておめでとうございます!
「あんたー、また開けっ放しでー。」というおばあちゃんの声が聞こえてきそうですが、新年ばかりは開けっ放しでよいそうです。

さてさて。

今年の5月から始まる予定の世界一周。

にもかかわらず!にもかかわらずだ!

航空券もビザも保険も。もはや最初の行き先すら決まっていないまま2017年を迎えてしまった…。

いやはや今年からは少しペースを上げて準備をしなければ…。
このままでは夏のサンサンとした太陽を大阪で浴びることになってしまう。

しかし保険はいいとしても、ビザや航空券は最初の行き先やなんとなくのルートを決めないと取れないわけで…。
ルートなんて正直出発してから決めればいいやーと思っていた。が、今更ながらひとつ気になることがあるのである。

トマト、ぶち投げてー!!!!!赤く染まりてー!赤く染めてやりてー!

トマティーナ(トマト投げ祭り)

…。

決してマッドサイエンティストなわけではない。
ストレスも抱え込んでいない。かといってサイコパスでもない。

僕が言っているのはスペインバレンシア州の街ブニョールで8月の最終水曜日に開催される「トマティーナ(トマト投げ祭り)」のことだ。

トマティーナ(トマト投げ祭り)

トマトをただひたすらぶつけ合う祭り。本来の目的は収穫祭らしい。しかし、いまや世界中から人口の4倍近くに人々が押し寄せ、せっかく収穫したトマトをひたすら投げるというカオス。
もしこのような祭りを日本で開催したら、BPOだとかPTAだとか評論家だとか近所のうるさいおばさんだとかがすっ飛んでくることは間違いないだろう。

そして世界には他にも参加してみたくなるような面白い祭りがたくさんあるに違いない!!!
ということはそれを調べて、行きたい祭りを決めればおのずと時期が絞られ、ルートが決まるんじゃないのか!

ということで準備の前にまたタスクがひとつ増えた。タスクが増えるペースに処理するペースが追いつかない。仕事なら確実に“出来ない男”の烙印を押されているだろう。(といっても1日もあれば調べられそうだが…。)
まあ、本番は旅が始まってから。という言い訳のもと気楽に調べるさーーー。

あ、そうだ。言い忘れてたー。

そういえば、そもそも僕は祭りが好きじゃない。人ごみは苦手だし、シンプルにうるさいし、その地域とその期間だけ物価が異常に上昇するから。

じゃあなんで海外の祭りに行きたいのか。
それは数年前に訪れたタイ・チェンマイでのロイクラトンの思い出が大きく関係している。

タイのロイクラトン

これがねー、ほんとにすごかった。
人ももちろん多かったけど、そんなことどうでもよくなるぐらい、本当にすごかった。感動したし、ああ、ちゃんと肉眼で見られて良かったと純粋に思った。

やっぱり、日本で育った自分の価値観からは想像できないものが、想像を超えた規模で行なわれると圧倒される。
あんまり上手に伝えられないけど…、まあ、そういうもんだよな、きっと。上手に伝えようとしても伝わらないし、絶対。気になったら是非見に行ってください!

と今日は新年の挨拶と世界のお祭り気になるなーのお話でした。 それでは

皆さんもよいお年を…!

ABOUTこの記事をかいた人

大学中退後、フリーランスのデザイナーとして活動。25才の時に1年間、世界一周旅をスタート。訪問国50ヶ国。 趣味は旅、お笑い、アウトドアなど。自由気ままに記事を執筆しています。