お次はチェコ・プラハ。

最初に感想を言ってしまうが、プラハむちゃくちゃにキレイ!街並みの美しさが半端ない!
正直ヨーロッパに多少の飽きを感じ始めた今日この頃だが、それをもってしても、ただただ脱帽の美しさだった。

今日はそんなプラハのお話。

Czech Prague
チェコプラハの旧市街をぶらり一人旅(特に何も起きないし起こさない。)

例のごとく、オーストリアからバスでやってきた、プラハ。

バス近くの宿にチェックイン。お値段1500円。
物価の高いチェコだが、ドミだとこんなもんで泊まれる。ありがたい。

そしてさっそく、旧市街地のメインエリアに向かう。

石畳の道路。路面電車を導くための線路。
そして、美しい建造物!

ちょっと衝撃を受けるほどの美しさ。
プラハすごくないか、これ。

歴史地区の中心部にある旧市街広場には大道芸人がいたりもして…。

その広場からカレル橋を超えるとインスタ女子の巣窟「ジョンレノンの壁」。いや、別にインスタ女子がいたわけではないのだが、おそらく人気なのだろうと推測される鮮やかさ。

あまり知られていないが、チェコもオランダなどと同じく大麻が一部合法の国。そのため街のいたるところに大麻キャンディーや大麻のお酒、などなど大麻にまつわるエトセトラが盛りだくさんなのだ。

カレル橋の雰囲気が好きで、日が落ちるのを橋の上で待つことにした。

日が暮れてからのプラハ。

たまらん!のひとこと。

夜が映える街、プラハ。明日はそんなプラハにそびえる、プラハ城「聖ヴィート大聖堂」へ向かう…つもり。

ABOUTこの記事をかいた人

大学中退後、フリーランスのデザイナーとして活動。25才の時に1年間、世界一周旅をスタート。訪問国50ヶ国。 趣味は旅、お笑い、アウトドアなど。自由気ままに記事を執筆しています。