WONDER BAGGAGE
ACTIVATE Explorer’s project
ワンダーバゲージ・エクスプローラーズ・プロジェクト

当サイト「ものみゆトラベル」では現在、国産バッグブランド「WONDER BAGGAGE」と共にプロダクトの開発に取り組んでいます。「Explorer’s project」と銘打ったこのシリーズは、”旅”の中で必要となる機能性や汎用性に重点を置きながらも、素材や構成を見直すことで「WONDER BAGGAGE」らしい都会的な雰囲気を持ち合わせています。

ACTIVATE Explorer’s projectとは
「ウルトラライト」をキーワードに旅するバックパッカーと共同開発したプロジェクト。軽さと強度をポイントに、専門性と日用性が両立するアイテムを展開。

Explorer’s projectの第1弾は「Explorer’s Backpack」になります。

「Explorer’s Backpack」の企画の意図。

多くのバックパッカー(バックパックひとつで旅行を行うスタイルの旅行者)は、主に登山用のバックパックをメインバッグとして使用しています。
多くの荷物を入れられること、耐久性に優れていること、背負いやすさが考慮されていることなど、旅行は登山バッグは旅に求められる条件と類似している点が多いためです。
しかし、あくまで登山を目的に企画された製品ゆえ、旅にとって必要な要素が欠如していたり、逆にオーバースペックになっている部分も見受けられると私は感じていました。

そしてなにより、バックパッカーにとって、登山用バッグ以外の選択肢がほとんどない今の現状は、旅のスタイルが多様化に対して相反しているようにも感じました。

そこで、今回は登山用バッグと並び、バックパッカーのメインバッグ選びの新しい選択肢となれるような製品の開発を目指しました。

「Explorer’s Backpack」の特徴

この「Explorer’s Backpack」は7㎏~12㎏程度の、軽量な荷物での旅行を好むバックパッカーに向けて開発しています。シンプルでありながら汎用性の高い機能性が特徴です。

13㎏を超える荷物を常に持ち運ぶ方には、こちらのバッグはあまりお勧めいたしません。
容量的にかなり無理があることと、フレームレスゆえに長時間の移動の際、どうしても上半身に負担がかかってしまうためです。
    主な特徴
  • 軽量性をもたせるためのシンプルで機能的な構成
  • 背面パットとスリーピングパットの併用、隠しポケット
  • 機内持ち込み可能なギリギリのサイズ感
  • サイズの調整が可能なメイン収納
  • 耐水性に富んだ3レイヤー構造をもつ素材「ハイブリザテックナイロン」
  • マチのサイズ調整並びにカラビナの設置が可能なループ
  • 背負い心地を考えたショルダーパット、腰ベルト

軽量性をもたせるためのシンプルで機能的な構成

登山用のバッグは、メインポケットとは別に、いくつものサブポケットが付属していたり、背面にフレームが入っていたりと、複雑な構成で設計されていることが多いです。長時間歩くこと、屋外で全てのモノが簡単に取り出せることを考えたデザインであると感じます。しかし、そのためにバッグ自体の重量も、1.5㎏~とかなり重たくなってしまっています。
一方、旅では登山のように何時間も歩き続けるシーンはほとんどなく、屋外で取り出す必要があるものも少ないため、このあたりがオーバースペックになってしまっているように感じました。

そこで、この「Explorer’s Backpack」は、旅に必要な機能を意識しながらも、バッグ自体の重量が出来る限り軽量になるよう、一から構成を練り直しました。
その結果、メインポケットとサブポケット2つ、サイドポケット、隠しポケットがひとつというシンプルな構成で、重量はわずか600gに抑えることに成功しました。

それぞれのポケットの役割

メインポケット

メインポケットはトップをロールすることで開く構成になっています。
寝袋や、衣類、宿でしか使わないような食料や充電機器などを収納するためのポケットです。

サブポケット①(防水ファスナー付き)

外からアクセス可能な独立型のポケットです。 このポケットはサンプルの段階からいろいろと試行錯誤を繰り返した部分で、最終的にはマチのほとんどない構成を採用しました。そのため、容量はあまり大きくありません。

    マチをとらなかった理由
  • 背負った状態の際に、中身をあえて取り出しにくくし、スリの被害を防ぐため。
  • 機内持ち込みの際に外側に膨らんでしまい、サイズオーバーになることを防ぐため。

用途としては、よく使うモノ(シャンプーや歯ブラシといった日用品、充電器、常備薬、本など)を入れるためのポケットです。

※スリ対策は考慮していますが、一番外側のポケットです。財布などの貴重品を入れることはお勧めしません。

サブポケット②

トップが開いたポケットです。上部にはしっかりとしたゴムをいれているため、小雨程度の雨の侵入は防ぐことが可能です。
温度調節には欠かせない上着や靴下、帽子などを簡易的にいれておくことが出来るポケットです。

サイドポケット

厚手のメッシュ素材を採用したサイドポケットを左右に配置しています。1.5リットル程度のペットボトル、サンダルなどを収納しておくことが可能です。

隠しポケット

背面パットをいれるポケットですが、お金やカードを隠しておけるよう、見つけにく場所に配置しました。
こちらに関しては次で詳しく説明させていただきます。

背面パットとスリーピングパットの併用、隠しポケット

登山と異なり、毎日のようにテント泊をしているバックパッカーはほとんどいません。が、時たまにバスターミナルの端っこや空港などでの仮眠を強いられるのも、バックパッカーの性だと言えるでしょう。
そして固い床での睡眠は、どうしても腰や背中が痛くなってしまいます。そんなとき「あったらいいなー。でも意外と場所取るし何度も使うわけじゃないから持ち歩くのもなー。」といつも思っていたのが、スリーピングパットです。

そこで、このバックパックでは、背負い心地を確保するための背面パット(背中に接するクッション部分)とスリーピングパットを併用してしまおうと考えました。

スリーピングパットには通常2つの役割があります。腰や背中への負担を軽減すること、地面の冷えを緩和すること、です。しかし、冷えに関しては雪山などを想定した話なので、バックパッカーが意識する必要はないと思われます。
あくまで背中から腰回りをカバーできるパットが、収納可能なサイズ感になっています。もちろん薄手のスリーピングパットであれば、3つ折りにして入れておくことも可能です。

隠しポケットの場所と構成

このポケットはショルダーパットの付け根付近、背中に接する側に配置されています。わざわざメインポケットを開けることなく、いつでも簡単にアクセスすることが可能です。。
前述したように、ポケットの入り口はかなり見つけにくい構成になっているため、背面パットとメインポケットの隙間に、ジップロックにいれたお金やカードなどを隠しておくことが可能です。

※背面パットに関しては、購入時は一般的なカバンに使われる緩衝材が入っています。スリーピングパットとして利用したい場合には、ご自身で別途購入頂き、裁断などでサイズを調整してみてください。
ネットなどでも安価なものがたくさん出回っているため、ご自身がお好きなものをお選びください。(質は落ちますが、ホームセンターなどに売っている銀パットなどでの代用も可能です。)

機内持ち込み可能なギリギリのサイズ感

バックパッカーの強い味方、格安航空LCC。ヨーロッパなどでは2000円程度(プロモーションなら数百円)で他の国に移動することが可能な時代になりました。
しかし、多くのLCCは預け荷物には追加料金が必要になり、その金額も2000円~5000円程度と、航空券の値段を超えることもザラです。これでは、せっかくの格安航空の利点を十分に活かすことが出来ません。

そこでこのバックパックは、どの航空会社においても、機内持ち込みが可能なサイズに収まるよう、高さや幅、マチを設定しています。

※私のリサーチでは、2018年現在、「WOWエアー(アイスランド)の”高さ42×幅32×マチ25″」、「ライアンエアー(アイルランド)の”高さ55×幅40×マチ20″」あたりが最も厳しいサイズ設定をおこなっておりました。実際に2社共に搭乗しましたが、問題なく持ち込みが可能でした。

サイズの調整が可能なメイン収納

メインポケットはロール式の開閉を採用しています。簡単にアクセスでき、雨の侵入を防ぐことが可能です。
ロール部を長めに確保しているため、~45ℓまでの荷物の増減に、簡単に対応することが可能です。

耐水性に富んだ3レイヤー構造をもつ素材「ハイブリザテックナイロン」

素材にはWONDER BAGGAGEのACTIVATEシリーズで多く採用されている、ハイブリザテックナイロンを採用しています。この素材は特殊なポリウレタンの微多孔質膜構造により、防水性と透湿性に優れた完全防水の特殊素材です。旅行につきものな突発的な雨の侵入を防ぐことが可能です。

また、重量と耐久性のバランスを考えて採用してはいますが、一般的な登山バッグと比べると薄手の素材です。そのため、何かに引っかかってしまった場合には、破れが発生することも考えられます。(どのカバンにも言えることですが。)
そのため、登山用の補強テープを持ち歩くことをお勧めいたします。

※完全防水素材を採用しておりますが縫製箇所から水がしみ込むことがございます。日常使いにおける雨などでは問題ありませんが完全防水を保証する製品ではございませんのであらかじめご了承ください。

マチのサイズ調整並びにカラビナの設置が可能なループ

サイド部分にループを計四か所設置しています。使っていないカラビナや南京錠をひっかけておくことが可能です。
また写真のようにゴム紐を設置することで、メインポケットのマチ幅の調整が可能になり、アウターや帽子を引っ掛けたり、小型のテントを固定しておくことが可能にもなります。

※ゴム紐は付属しておりません。別途ご購入ください。

背負い心地を考えたショルダーパット、腰ベルト

「Explorer’s Backpack」は荷物の比重を、腰から肩かけて分散させて背負うことを前提に設計されています。
大型の登山バッグによく見られる、腰でガッチリ固める持ち方ではなく、「背中で持ち、腰で補助する」といったニュアンスだと認識いただけば、分かりやすいかもしれません。

そのため、腰ベルトは至ってシンプルな設計ですが、12㎏程度の重量であれば、比重を十分に分散させることが可能です。腰でガッチリと固定しない分、背負った際に動きやすいこともこのバックパックの大きな特徴の一つです。

またショルダーパットには、カラビナやポーチを付けることが可能なテープを設置しています。

Explorer’s Backpack

color : black
size : W315㎜ × H~750㎜ × D160㎜(最大)
material : ハイブリザテックナイロン
price : ¥35,000 + 税 coming soon

ABOUTこの記事をかいた人

大学中退後、フリーランスのデザイナーとして活動。25才の時に1年間、世界一周旅をスタート。訪問国50ヶ国。 趣味は旅、お笑い、アウトドアなど。自由気ままに記事を執筆しています。